じいちゃんの車中泊日記

車中泊や釣りとか観光とか車の事とか・・・・。

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2007.06.23 Saturday

五色が原 コースマップ

五色が原全コースマップ
 
このコースマップよく覚えておいてください 秋にシラビソコースの予定をしているので またお会いできると思います・・・
長い間 乗鞍五色が原シラビソコースのトレッキングにお付き合い下さってまことに有難う御座いました!・・・
 またコースインストラクターの方や関係各かたがた色々お世話になりました ありがとうございました これからも五色が原の良さを多くの人たちに伝えていってください またお世話になります?・・・






21:20 | 乗鞍 五色が原 | - | - | - | - |
2007.06.23 Saturday

乗鞍五色が原 カモシカコース

五色が原

忘れもの この1枚の写真途中に入れるのを忘れていた・・・ 
 女性的で優美な姿の久手御越滝 落差は58m 飛沫がふりかかって来るのがレンズでわかる





18:09 | 乗鞍 五色が原 | - | - | - | - |
2007.06.22 Friday

平湯の森

乗鞍山麓五色が原
写真左と右上=平湯の森
 センターハウスに戻り 時間もまだ早いので平湯まで温泉に行くことに 先日女房殿と来た 平湯の森にまたまたお邪魔してしまった こんなことなら昨日は栃尾か新穂高あたりまで足をのばしとけばよかたかな?・・・
 写真右下 途中高山の手前丹生川村 自然薯の里でとろろ芋のそばで夕食をとり 元気の出たところで一気に名古屋まで走ることに 何時ものことながらここでメンバーとはお別れだ・・・
 行きも帰りも車数台で走るのは スピードも走り方も 休憩をとる時間や途中下車したり足がそろわないので このメンバーでは現地集合現地解散が多くなっている?・・・

 

16:53 | 乗鞍 五色が原 | - | - | - | - |
2007.06.22 Friday

乗鞍五色が原 出会い小屋

乗鞍山麓五色が原 カモシカコース終了

 写真左 の出会い小屋で 今回の乗鞍五色が原 カモシカコースの全行程の終了となった!・・・
 ここからコースの参加者全員をマイクロバスにて スタート地点のセンターハウスまでピストンしてくれる この日私たちは3組目であとの4・5組目のパーテイを待ってバスに乗り込んだ・・・ 日頃の行いがよかったのかバスに乗り込むが早いか 雨になってきた途中で降られずに非常にラッキーだった?・・・ 
 帰りのバスの中 ゆっくりの行程とは言え8時間もの山歩きに 少し疲れたのかみんながぐったりしているように見える?・・・


16:40 | 乗鞍 五色が原 | - | - | - | - |
2007.06.21 Thursday

乗鞍山麓五色が原

五色が原
乗鞍山麓五色が原

*** ガイドブックより ***

 「サワラ林やカラマツ植林が交互に現れ、林道に降り立ちます。この林道を少し上り、右の斜面を下ると 眼下に横手鳴る滝やシラビソコースの山々が望めるビューポイントに出ます、これでカモシカコースの行程の終了です出会い小屋はすぐそこです。」




19:20 | 乗鞍 五色が原 | - | - | - | - |
2007.06.21 Thursday

乗鞍五色が原

五色が原
乗鞍山麓五色が原

*** ガイドブックより ***
 「この先しばらくは、足場の不安定なトラバースやきついの登りが続きます。熊の爪痕が残るブナの大木まで来れば難所は終わりです。尾根を回り込むとカラマツの植林になり、山深さが少し薄れます。しかし、次の沢で再び見事なサワグルミ林に出会うことができます。林内には炭焼き窯の跡が残され、道にもカス炭が捨てられています。昔はこのような奥地でも生活活動が営まれていたのです。
 タケカンバとコシアブラの明るい林を過ぎるとコメツガやシラビソなどの広葉樹林に一変します。この様相を地元では「ゴスワラ」と呼んでいます。
 ここまでくると乞うては残りわずか。



18:18 | 乗鞍 五色が原 | - | - | - | - |
2007.06.20 Wednesday

乗鞍山麓五色が原  カモシカコース


乗鞍山麓五色が原  カモシカコー



19:16 | 乗鞍 五色が原 | - | - | - | - |
2007.06.20 Wednesday

乗鞍山麓五色が原  カモシカコース

乗鞍山麓五色が原  カモシカコース
乗鞍山麓五色が原  カモシカコース
雄大な青垂滝 (雄滝) 

*** ガイドブックより ***

写真左  「本コースのクライマックス青垂滝とその飛沫で濡れた柱状節理の大岩壁が眼前に立ちはだかり、そのスケールに圧倒されます。 しかし、ここで気を抜かないでください。浮石に足を取られやすい急下降が待ち受けているからです。この難所をクリアすれば青垂滝下に到着です。
  青垂滝は雄滝と雌滝に別れ、手前が雄滝です。二段に分かれた滝の落差は90mあり、見上げる景観は素晴らしいものがあります。付近は滝の飛沫浴びた湿性植物が多く、花探勝に事欠きません。雌滝は上段だけが約74mの滝となって落ちていますが、滝幅や水量はこちらに軍配が上がるようです.」

18:15 | 乗鞍 五色が原 | - | - | - | - |
2007.06.19 Tuesday

乗鞍山麓五色が原  カモシカコース

乗鞍山麓五色が原
乗鞍山麓五色が原  カモシカコース

*** ガイドブックより ***

「鳥帽子小屋周辺ではブナ林が見られます。ヒメアオキ、オオバクロモジ、ホソバカンスゲなどの多数の植物が共生する日本海型の貴重な植生です。
 尾根を廻り込むところでブナ林と別れ、壮大なサワグルミ林に入っていきます。春はニリンソウやサンカヨウが林床を飾っていますが、夏になるとタイミンガサが覆ってしまいます。
 クロベやウラジロモミの大木目立つ尾根をからんで、「ネズ壁」の急斜面に入ります。ネズとはクロベの別名「ネズコ」のことです」

雄大な滝の前でしばし見入るメンバー 疲れた体も癒され少し元気に!・・・

20:13 | 乗鞍 五色が原 | - | - | - | - |
2007.06.19 Tuesday

乗鞍山麓五色が原  カモシカコース

乗鞍山麓五色が原
乗鞍山麓五色が原  カモシカコース

18:12 | 乗鞍 五色が原 | - | - | - | - |

▲top