じいちゃんの車中泊日記

車中泊や釣りとか観光とか車の事とか・・・・。

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2006.10.22 Sunday

渋温泉

渋温泉
八千穂高原を後にメルヘン街道をバック白駒池を通過 横谷観音展望台の手前を左に 渋温泉に向けて走行中の同行車をパチリ このあたりは峠よりだいぶ下がってきたので広葉樹の葉も残っている 白駒池の辺りで2200メートルあるので800から1000メートル位は違うのではないかと思う
まもなくして温泉に到着 ザンネン!!入浴時間は終了していた 渋の湯 明治温泉に行くもノーグッド 断られてしまう
あきらめて諏訪湖まで降りてきて 湖畔の総合センター「すわっこランド」で汗を流す これで今回の自然をめぐる旅は終わりとなる ご一緒いただいた皆様お疲れ様でした 有難うございました 帰りの中央自動車道安全運転でお帰りください
次週はセントレアのアジ釣 リベンジ
さらに11月第2週目は 吹き割の滝 中禅寺湖 日光東照宮の予定 





2006.10.22 Sunday

八千穂高原 自然園

八千穂高原 自然園
八千穂高原自然園
自然園の散策を200円/1名支払い時間の関係で 青コース1週30分くらいのコースを散策する 風に吹かれてひらひら舞い落ちる落ち葉もなかなかのものだ そこで早速落ちてくる葉っぱを カメラに収めるようにとの要望 トライするもなかなかヒットできず断念 




2006.10.22 Sunday

八千穂高原

八千穂高原
長野県佐久郡佐久穂町 八千穂高原
八千穂高原遊歩道を見下ろす八ケ峰橋 絶好の撮影ポイントとなっている 紅葉シーズンの今は 橋の上 左右に車の駐車の列で通行に注意が必要だ
八千穂高原のベストシーズンは2週間ほど前10月はじめがよかったのではと思える 標高差のあるスポットを複数行こうとすればポイントをどこに定めるかが課題となる 何回でも足を運べればよいのだが?




2006.10.22 Sunday

北八ヶ岳 白駒池

白駒池
白駒池
ここに来るのは(正確には 通過しただけ)4回目 以前下のリ・エックススキー場に3回ほど子供のマウンテンバイクのレースで来ているのだが 神秘的で自然の美しい池があったことも知らずにいた 苔に覆われた原生林の中歩くこと十数分 突然開けた神秘的な池に感動しつつ少し進むと 池のほとりに食堂白駒荘があり きのこ汁のお昼をいただき 池を一周することとなった 今回企画していただいたO様有難うございました 




2006.10.22 Sunday

横谷観音展望台

横谷観音展望台
今日は 横谷峡谷の一面に染まった紅葉散策を計画 下から登り同じ道を下ってくるのは時間の無駄と全員一致(上るのがきついのでいやなだけ) 八千穂高原も行きたいとのことで 一台の車に便乗横谷観音展望台まで一気に登り くだりだけ楽しむことと成った 展望台の広場には30人くらいのカメラマンや観光カメラマン(私など)含めるととうてい数え切れないほどの人数で賑っている




2006.10.22 Sunday

長野県茅野市北山 横谷峡谷

大滝
大滝
ここ大滝までは急な階段がつずくので極端に人が少なくなる 登りを考えると分からないではない 私たちは下りだけなので汗もかかず快適だ ちょっと得した気分 
横谷観音展望台-大滝-屏風岩-一枚岩-鷲岩-霧降の滝-横谷温泉旅館-乙女滝-旅館駐車場と下に近ずくにつれ観光バスの団体で しばらく動けなくなる事もある かなりの人が訪れているのだろう 
乙女滝までの峡谷の自然と一面の紅葉を肌で感じながら 足を止め眺め 写真を写し横谷峡谷の散策を終える 
宿の駐車場からもう1台の車で展望台駐車上まで戻り 2台連ねて八千穂高原へ向かう




2006.10.22 Sunday

長野県茅野市北山

横谷温泉旅館
横谷温泉旅館
富士山から 待ち合わせの5時まで余裕があったので 高速を使わず国道20号線を夕方の混雑の中走ること3時間 時間はピッタリだったが疲た・・ 旅館の門の真っ赤に染まったツタが ライトアップで浮き上り 心癒される


2006.10.21 Saturday

山梨県南都郡鳴沢村鳴沢

氷穴
鳴沢氷穴
茅野市へ向かう途中 立ち寄った氷穴と樹海




2006.10.21 Saturday

山梨県南都留郡鳴沢村鳴沢

青木が原樹海
青木ヶ原樹海




2006.10.21 Saturday

山梨県南留郡富士河口湖町本栖

本栖湖
富士五湖  
「本栖湖」
五千円札でおなじみの逆さ富士の写真がここ本栖湖のこの場所で撮影されたものだが(今日は撮影ポイントをどこかの撮影隊?が占領 ロケ車 役者 セットなどで 車どころか 人さえもちがずけずやむなく100メートルほどはなれた地点で写す)・・・・残念ながらきょうは かすかに見えるだけ 1時間ほど待つもその全容は現してくれなかった 湖畔の蕎麦屋でほうとうをいただき知り合いの待つ 長野県茅野市へ向かうことにする 




▲top