じいちゃんの車中泊日記

車中泊や釣りとか観光とか車の事とか・・・・。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2007.11.13 Tuesday

太宰府天満宮本殿

太宰府 天満宮
太宰府天満宮本殿  (重要文化財)      
菅原道真公
 「太宰府天満宮の祭神である菅原道真公は、当代一流の学者であり、優れた政治家でもありました。その生涯は、国家と天皇家のために命をかけ、栄達を極めた一方で、たびたびの挫折に見舞われたものであったと伝わります。」  太宰府天満宮&九州国立博物館案内書より

 ちょうど私の訪れた日が11月3日で 明治祭たるものの催しを行っていた





18:12 | 太宰府天満宮 | - | - | - | - |
2007.11.13 Tuesday

太宰府天満宮 本殿

太宰府 天満宮
太宰府天満宮本殿

 学問の神様というだけあって 願いをかけた絵馬のおびただしい数はさすがといえよう 本殿の裏にまでずらりと並んでいる





18:01 | 太宰府天満宮 | - | - | - | - |
2007.11.12 Monday

太宰府 天満宮

太宰府 天満宮
太宰府天満宮 楼門 檜皮葺きの風格ある二重門

 重層の入母屋造り 檜皮葺きの二重門 本殿入口にた建ち 左右は廻廊につながっている 全体に朱塗りで堂々たる風格にあふれている
  



17:53 | 太宰府天満宮 | - | - | - | - |
2007.11.12 Monday

太宰府 天満宮

 太宰府 天満宮
太宰府 天満宮

 本殿に向かう参道にはたくさんの参拝客でにぎわっていた 特に外国人の姿が多く バスで来たのだろうと思える団体さんが目立った・・・


 


17:40 | 太宰府天満宮 | - | - | - | - |
2007.11.11 Sunday

大宰府天満宮

大宰府天満宮

大宰府天満宮
心字池にかかる太鼓橋と平橋の右手にあるのが今王社
 

大宰府天満宮
平橋と太鼓橋の間にあるのが志賀社(重要文化財)海神様  綿津見三柱神(わたつみみはらしのかみ)  海上安全の海の神として祀られている





15:04 | 太宰府天満宮 | - | - | - | - |
2007.11.10 Saturday

大宰府天満宮

実は昨日 直接名古屋に帰らずに大阪の交野市に寄り道 一泊して 今日昼過ぎに帰ってきた
 したがってルートも摂津南ICで出て1号線で交野市に入ってきた
交野からは生駒→木津→笠置町→伊賀上野→関と先日書いたコースで帰ってきた やはり名古屋に直接帰って来ても 食事 ガス補給 休憩と3〜4回の休憩を取ってくると12〜13時間の道のりである!・・・


大宰府天満宮
大宰府天満宮

 中世の鳥居をくぐり太鼓橋 平橋 そして2個目の太鼓橋とつずく 
この太鼓橋は本殿に向かう時に必ずわたる 過去 現在 未来を渡る橋といわれているとか・・・





15:16 | 太宰府天満宮 | - | - | - | - |
2007.11.10 Saturday

大宰府天満宮

大宰府天満宮
大宰府天満宮

 神牛から参道 先には西鉄大宰府駅がある 両側には土産物屋が並び 一年中観光客でにぎわっている・・・ 正月や受験シーズンには参拝客でいっぱいとか 
 大宰府名物の 「梅が枝餅」 も両側の土産物屋であちこちで売っていたので私も買い求めてきた






15:13 | 太宰府天満宮 | - | - | - | - |
2007.11.03 Saturday

屋台村

屋台村
福岡県中州の屋台村

 仕事も順調に終わり せっかくここまで来ているのであの有名な屋台村を見に行こう 夕食もついでに済ませればよいとのことで 1時間の道のりをナビ頼りに行ってきた 川のほとりに十数件の屋台が 今までのイメージでは何百mもあるのかと思っていたが50〜70メートルほどではなかっただろうか? ほかに4〜5件の屋台が2か所にあるぐらいで だいぶ縮小されてきたとか?・・・またなくする運動もあるとか 我々観光客は何とか残してほしいものだが?・・・
 




▲top