じいちゃんの車中泊日記

車中泊や釣りとか観光とか車の事とか・・・・。

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2008.05.24 Saturday

戸倉山 帰り

13:15分  道の駅 「南アルプスむら長谷」 戸倉山 
タイラー号と道の駅 「南アルプスむら長谷」

 山登りを終え 帰りにちょっと立ち寄リするとのことで  道の駅 「南アルプスむら長谷」で 此処の熟練職人が焼き上げるパンが有名とのことで全員でパン工房に潜入


道の駅 「南アルプスむら長谷」  
戸倉山 
この建物の右端が有名なパン工房になっている


パン工房の店内
戸倉山 
入れ替わり立ち替わりお客様が押し寄せていた


戸倉山 
メンバーも多い人は60個ほどのパンを夫婦で持ちきれないほど買い込んでいた

14:10分
戸倉山 
このあと用事で早く帰りたい組と ゆっくりの組に分かれた
 私たちは別に用事もないため  高遠温泉 さくらの湯で汗を流して帰ることに

 信州高遠温泉 さくらの湯 日帰り温泉施設
 
  住所   伊那市高遠町西高藤928−2    
  電話   0526−94−3118
  始業   10:00〜21:00 (受付20:30まで)
  休日   第2 第4火曜日休み(祝日の時は翌日) 年末年始は問い合わせ
  料金   大人500円 中学生400円 小学生250円
  泉質   アルカリ性単純温泉  
  効能   神経痛 腰通 皮膚病 五十肩 うちみ くじき等

  中央道伊那ICより車で25分  中央道諏訪ICより40分

  つるつるの温泉ではだがきれいになったようで 良い温泉で気をよくして 帰路についた 

 せっかくここまで来たので 御蕎麦を食べることに 所が時間が3時台とあって休憩時間のお店ばかり
 蕎麦屋を探しながら伊那ICまで来てしまったのでとりあえず高速にのり かつて何回か来たことのある飯田ICのすぐ近くの蕎麦屋に行くことに・・・   

16:22分入店
戸倉山 
飯田ICを下り 蕎麦とカモ料理の店 「しみず」 に立ち寄り美味しい御蕎麦をいただき サービスのコーヒーをいただき 
 お腹も満腹になりご機嫌に帰ってきた!・・・
 時間も開店すぐとあって お客さまも2組ほどしかなく静かに食事もできた

是で戸倉山登山も終了となる  今回は車中泊しての山登りでなく 日帰で来たが 今回で自分のペースが大体把握できたので これから足腰を鍛え(家で屈伸運動) お誘いがあったらお付き合いできるように 準備しておくことにしよう!・・・ 



21:14 | 戸倉山登山 | - | - | - | - |
2008.05.23 Friday

戸倉山下山

戸倉山登山 下山  11時35分
戸倉山登山
下山はひたすら足を動かす 足元はカラマツや広葉樹などの葉っぱでおおわれ適当にクッションになっていて ハイキングコースとしてはかなり歩き易い山と言えるだろう

戸倉山登山



11時44分
戸倉山登山

途中の景色を眺めながらの休憩

戸倉山登山


12時30分
戸倉山登山
かなりのハイペースで下山してきた 下りはさすがに足にきて ヒザがかくかくして力が入らない 
 皆のハイペースの下山に必死の思いで着いていくのがやっとだ キャンプ場まで降りてきた  やった〜と声が出てしまう!・・・
 
行きに撮影したつつじの花で蝶がみつを吸っていた 

 これで今回の戸倉山登山も終了した 激しい息切れもなく 心配していた足腰の心配もなかったので 少しずつ鍛えればまた復帰できるであろうと確信した 

 病み上がりには適当な山だったのだろう 計画していただいた小野田様有難う御座いました



20:40 | 戸倉山登山 | - | - | - | - |
2008.05.22 Thursday

戸倉山西峰登頂

戸倉山登山  10時35分 
戸倉山登山
いよいよ最終目的地 伊那富士戸倉山西峰 1681m到着

この写真の地蔵さん凄く邪魔 今日は南アルプスがよく見えないので我慢できるが ここになくてもいいのでは 先客のグループからも声が出ていた カメラ位置をかなり工夫しなくてはならず最悪のポジションを占有している

 まだこちらを向いていてくれればおそらく並んで一緒にチーズなんかも出るのだろうが  かといって避けようと後ろにもこれ以上行くと崖で駄目だし!・・・

苦労して登って来て記念写真をと思っても ポジションを見つけるのにうろうろしてしまうほど 存在感があリ 被写体を手前に来てもらい隠そうとしても カメラ位置がなく苦労した結果この写真!・・・

 手前の伊那富士戸倉山の看板も ほかにあった写真を張り付けたものだ 実際は 背中を向けた石碑 確か看板と同じような文字だったと思うが?・・・

 山もりの方 当日は山開きだとかで 途中の屋根付き小屋のあった 水飲み場で焼きそばやBBQをしてビール片手に宴会をしておられた10名ほどの地元の方 

 このブログ見られたらぜひこの二つの石碑ずらしていただけるか こちらを向けてください (この雄大な山をこの地蔵さんにとの思いだとは思いますが) お願いします 
  ”そんなこと出来るか 来んでもええわと言われそう”  

10時50分  楽しい昼食
戸倉山登山
早目の昼食をいただく 皆自分たちでもってきた食べ物を分け合い 楽しいひと時を過ごし 下山に向けエネルギーを蓄える


戸倉山登山


11時33分 下山開始
戸倉山登山
休憩を済ませ下山の途中 地元の山もりの方たちがBBQをしていた休憩所 仲間がビールをいただき美味しそうに平らげていた

11時43分
戸倉山登山
途中の見晴らし台まで来ると少しだけ霧も晴れ 中央アルプスの頭がのぞけた



08:06 | 戸倉山登山 | - | - | - | - |
2008.05.21 Wednesday

戸倉山東峰登頂

戸倉山登山  9時59分
戸倉山登山
6合目から7合目に近いあたりに天狗伝説の岩と書かれた看板があった 何の伝説か記してなかったが写真だけは写してきた
 

10時06分
戸倉山登山
7.5合目付近
ゆいつの水飲み場 少し開けたところに屋根つきの休憩場や 切り開かれて見晴らしのいい場所が設けてある
水飲み場で少し水をいただくが あまり冷たくなかった?  


10時26分  最後の急坂を息も絶え絶え登りきった
戸倉山登山
一汗流してようやく 標高1680.7m戸倉山西峰頂上だ  左に中央アルプスが望め 丸太のベンチが作られ 草木が刈られ素晴らしい景色を十分楽しめるように配慮がなされている


戸倉山登山
信仰の山らしく裏には灯篭や石仏が祭られていた


10時27分
戸倉山登山
後少し 戸倉山東峰へは裏に廻り込み少し下り 奇麗に掃除された4.5畳ほどの避難小屋の軒先を進み少し上ると いよいよ最終目的地 伊那富士戸倉山東峰につく 




00:03 | 戸倉山登山 | - | - | - | - |
2008.05.20 Tuesday

戸倉山登山酸素ボンベ

戸倉山登山
戸倉山登山
新緑の奇麗な若葉が木漏れ日に揺れて 急斜面であえいでいる者たち (私)を優しく包んで元気を授けてくれる


9時35分
戸倉山登山
しばし小休止 我が家の女房殿いつも足を引っ張って迷惑をかけるからと 酸素を持参 口に当てて ”シュウ〜〜” 

誰からともなくそれで治る と言われ ”わからん これで治るくらいならエベレストでも登れる”の一言に全員爆笑!・・・


9時56分
戸倉山登山
アルプスを一望できる 切り開かれた休憩場で 霞んでいて見ずらいが少しだけ望むアルプスに見入っているメンバー


戸倉山登山



戸倉山登山
遠く離れたカナダで勉強中の御子息に  「♪♪ ○○雄〜 元気しちょるけ〜
とーさんと カーさんは元気に毎週スキーや山登り行ってるよ〜 ♪♪」 と言っているのかな?・・・ 





08:34 | 戸倉山登山 | - | - | - | - |
2008.05.19 Monday

戸倉山登山馬止の松

戸倉山登山
戸倉山登山
5月18日AM8時50分スタート スタート5分で急な檜林の中を進むメンバー
 林の中は下刈もきれいにされよく整備されていて 心地良い風も通り快調な滑り出し

途中野生のつつじの群生地が有るはず (パンフレットには載っている) なのだが誰もきづくことなく通過 
 途中何回か小休止 立って水を飲む程度で5分くらいの休憩  檜林 カラマツ林 アカ松林や広葉樹のジグザグな山道の中を 一歩一歩足を進める

 私も思っていたほどのダメージはなく 息が上がるもののなんとか女性陣の後をついていけている 
 

9時18分
戸倉山登山
途中 「馬止の松」 と記された松の幹に食い込んだ看板   

昔芝刈りや薪拾いなどで入山した村人たちが 馬をつなぎ休ませた所らしい

戸倉山登山
朴木の奇麗な若葉が印象的だった


戸倉山登山

草木も一斉に新芽を出し 太陽に向かって一生けん命にアピールして 光をとり込んでいるようだ・・・

戸倉山登山




08:59 | 戸倉山登山 | - | - | - | - |
2008.05.18 Sunday

戸倉山登山開始

戸倉山登山 (伊那富士) 標高1681m (すごくきれいにまとめられたホームページ発見 勝手にリンク張らして頂きました 申し訳ありません)
戸倉山

伊那富士 戸倉山 標高1681m

今日はかねてから予定していた 仲間との山登り・・・ 
5時15分起床 パンと コーヒーをいただき 6時に待ち合わせてあったので仲間を迎えに 大井氏夫婦と4人で出発 

都心環状線 ⇒ 名古屋高速1号楠線 ⇒ 名古屋高速小牧線 ⇒ 小牧IC ⇒ 名神高速道路 ⇒ 小牧JCT ⇒ 中央自動車道 ⇒ 恵那山トンネル ⇒ 阿智PAで他2台の車と待ち合わせ ⇒ 伊奈IC ⇒ 戸倉山キャンプ場 駐車場

名古屋出発 6時15分 ⇒ 戸倉山キャンプ場到着 8時35分 待ち合わせ時間も入れての所要タイム 


信州上伊那温泉街道 湯めぐり  温泉と地図

観光情報 「信州伊那路」

長野県山岳ガイド 信州百名山



8時41分
戸倉山


早速準備中の今日のメンバー小野田夫妻 石浜夫妻 大井夫妻 そして私ども夫婦の屋久島縄文杉登山のメンバーで 出発準備中

戸倉山


戸倉山
キャンプ場の中で一面のタンポポの綿毛発見


8時46分
戸倉山
いよいよ出発 まずは1枚記念撮影 真っ赤なつつじの前で

 皆さん元気に出発だが 私はというと昨年9月の大台ケ原以来の山登りとあってかなり不安な面持ちでの出発となった 
 胃癌で昨年12月末に入院 今年1月15日手術 現在も抗がん剤の薬を飲んでの治療中 今年は大好きなスキーも1回も行かずシーズンが終わってしまった!・・・
 
 トレーニングらしきことも何もせず せいぜい魚釣りに行くくらいでの本日のトライとなった!?・・・   ”無事に皆についていけるかな〜”




23:14 | 戸倉山登山 | - | - | - | - |

▲top