じいちゃんの車中泊日記

車中泊や釣りとか観光とか車の事とか・・・・。

<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2009.02.02 Monday

多賀大社 3

多賀大社


多賀大社 3


多賀大社 3


多賀大社前の土産物屋
多賀大社 3


多賀大社 3
お店の叔母様ポーズをとってくれた


有名な糸切餅
多賀大社 3
多賀名物の糸切餅をお土産に買って帰り女房殿と頬張る 
 朝出掛に多賀大社行くなら糸切餅かて来てとの女房殿の要望 どこに何があるかよく知っているな〜 女は


絵馬通り
多賀大社 3
タイラー号と絵馬通りのアーケード    奥が多賀大社入口のお土産屋
この駐車場無人の志料金の駐車場 タイラー号の横に箱が置いてあって自分の好きな金額を入れるシステム 平日だったので300円でお願いして小銭を入れてきた

多賀大社を出て仕事先行くにも時間が早いのでもう少し時間をつぶすことにした

以前紅葉のシーズンに訪れた湖東三山を覗いてくることにした

湖東三山は西明寺 金剛輪寺 百済寺の三つの天台宗寺院の総称 琵琶湖の東 鈴鹿山脈の西山複に位置し 永源寺とともに紅葉の名所として知られている


西明寺
多賀大社 3
西明寺  薬師如来       滋賀県犬神郡甲良町


金剛輪寺
多賀大社 3
金剛輪寺 聖観音        愛知郡愛荘町     


百済寺
多賀大社 3
百済寺  十一面観音      滋賀県東近江市


永源寺
多賀大社 3

多賀大社 3
もう一社覗いていい時間となったので仕事先の 滋賀県野洲市三上まで車を走らせる 

 仕事を済ませ帰りは名神高速道路 栗東インターチェンジで乗り新名神高速道路で亀山に出て 東名阪自動車道に乗り込み帰ってきた




多賀大社 1  多賀大社 2  多賀大社 3 を御覧いただきありがとうございます







17:57 | 初詣 多賀大社 | - | - | - | - |
2009.02.01 Sunday

多賀大社 2

多賀大社



多賀大社本殿
多賀大社 2


多賀大社 2
無数のおみくじがぎっしり結ばれていた


手水舎
多賀大社 2


多賀大社本殿
多賀大社 2



多賀大社 2


多賀大社 2


多賀大社 2


多賀大社 2


多賀大社 2
手水舎  


多賀大社 2




多賀大社 1  多賀大社 2  多賀大社 3 を御覧いただきありがとうございます





18:09 | 初詣 多賀大社 | - | - | - | - |
2009.01.31 Saturday

多賀大社 1

多賀大社 

伊邪那岐大神 
(いざなぎのおおかみ)
伊邪那美大神 
(いざなみのおおかみ)


多賀大社は「寿命長久」「縁むすび」の御霊徳高く、古くから「お多賀さん」と呼び親しまれた淡海国(近江国)第一の大社です。
多賀大社が文献にみえるのは、和銅5年(712年)に撰上された“古事記”で、「伊邪那岐大神は淡海の多賀に坐す」とあります。社伝によると、神代の昔、伊邪那岐大神は本社東方の杉坂山に降臨され、麓の栗栖(くるす)の里でお休みの後、多賀にお鎮まりになったと伝えています。古くから広く民衆の信仰をあつめ、ことに奈良・平安時代には公家の信仰篤く、鎌倉〜江戸時代には武家からの信仰も集め、その祈願文や寄進の品が多く残されています  (多賀大社公式ホームページより)


2009/01/14
滋賀県野洲市まで仕事で出かけた 仕事の入りは午後3時の予定だったので 早く出て 名神高速道路 多賀インターで降り (早く高速道路一律1000円にならないかな〜  平日はだめらしいけど・・・ 決定したら行きたいとこあるのにな〜)  多賀大社をお参りして行くことにした
 

境内入口
多賀大社
土産物屋の立ち並ぶ前から道路をはさんで境内入口を写す


そり橋
多賀大社


多賀大社

そり橋
多賀大社


多賀大社
合格祈願のしゃもじがいっぱいかかっていた


多賀大社


神門
多賀大社


多賀大社本殿
多賀大社


多賀大社


多賀大社
灯篭を通して本殿を望む



多賀大社 1  多賀大社 2  多賀大社 3 を御覧いただきありがとうございます





07:32 | 初詣 多賀大社 | - | - | - | - |

▲top