じいちゃんの車中泊日記

車中泊や釣りとか観光とか車の事とか・・・・。

<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 近江八幡 2 | TOP | 雪の永平寺と兼六園 2 >>

2009.02.06 Friday

雪の永平寺と兼六園 1



雪の 曹洞宗 大本山 永平寺と兼六園を訪ねて 


2009年1月24日
名古屋高速5号万場線 黄金IC⇒都心環状線⇒名古屋高速6号清州線⇒清州JCT⇒名古屋高速6号一宮線⇒一宮IC⇒名神高速道路一宮⇒大垣⇒養老SA 待合せ トイレ⇒米原JCT⇒北陸自動車道⇒木之元⇒敦賀⇒杉津P(渋滞 料金の関係で100キロ調整下車した車と待ち合わせ)⇒武生⇒福井北IC⇒国道416号線⇒永平寺町  永平寺拝観
国道416号⇒福井北IC⇒鯖江IC⇒国道8号⇒県道経由 くりや海岸⇒宿泊先 かれい埼荘 

2009年1月25日
かれい埼荘⇒県道経由⇒国道8号⇒北陸自動車道鯖江IC⇒福井⇒加賀⇒小松⇒金沢西IC⇒金沢市内⇒兼六園  園内散策  ⇒北陸自動車道金沢西IC⇒福井⇒鯖江⇒敦賀⇒木之元⇒米原JCT⇒名神高速道路大垣⇒一宮IC⇒名古屋高速6号一宮線⇒名古屋高速6号清州線⇒都心環状線名古屋高速5号万場線 黄金IC⇒友人宅⇒我が家   

      
曹洞宗 大本山 永平寺
〒910-1294 福井県吉田郡永平寺町志比5−15
TEL 0776(63)3102

福井県・永平寺、今から約750年前の寛元2年(1244年)、道元禅師によって開創建された出家参禅の道場です。33万平方メートルにも及ぶ広大な敷地には修行の中心となる「七堂伽藍」 など、70余棟の建物が、樹齢600年を越える老杉の巨木に囲まれながら 静かにたたずんでいます。150名の雲水たちによって、 今も750年前に道元によって定められた厳しい作法に従って禅の修行が営まれている

2009年1月24日 昔からの仲間9名で新年会で越前に出かけた  


名神高速道路 養老サービスエリア  2009年1月24日   10:48'
永平寺
途中すごい雪に見舞われた 冬の福井に向かうのにはいい感じの出だしかなと思いつつ仲間の車と待ち合わせの名神養老SAでは御覧のようにふぶいていた

 
2009/01/24 12:47'
永平寺
お昼を回っていたので 永平寺の少し手前で昼食タイム 御蕎麦屋さんでしばし休憩


永平寺
名物のごま豆腐をみんなでつつく  あとはめいめい好みのお食事


永平寺
蕎麦屋さんの庭?に樹齢250年の柿の木だと言う(蕎麦屋のおかみさんが自慢していた)大木を一枚


永平寺
中食を済ませしばらく車を走らせると永平寺町の商店街につく 一万奥の駐車場に車を預ける


永平寺


2009/01/24 13:50'
永平寺
通用門入口左の五葉関


永平寺


傘松閣
永平寺
総受所で入館料を支払い拝観


永平寺


永平寺
どれだけあるのだろう天井の升目に描かれた一升ごとに異なる絵が描かれている 素晴らしい天井と広い部屋には圧倒される


永平寺


永平寺
この日非常に冷え込んで境内の中でも雪が吹き込み 風もある寒い日に見舞われ足はもとよりカメラを持つ指もマヒ状態の中 修行中のお坊さんたちは皆素足にスリッパのいで立ち 

 我々にはとてもできない修行だな〜と全員白い息をはきながら口々に漏らしていた




雪の永平寺と兼六園 1    雪の永平寺と兼六園 2    雪の永平寺と兼六園 3    雪の永平寺と兼六園  4    雪の永平寺と兼六園 5    雪の永平寺と兼六園  6をご覧いただきありがとうございました






22:23 | 永平寺 & 兼六園 | - | - | - | - |

▲top