じいちゃんの車中泊日記

車中泊や釣りとか観光とか車の事とか・・・・。

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 雪の永平寺と兼六園 3 | TOP | 雪の永平寺と兼六園 5 >>

2009.02.09 Monday

雪の永平寺と兼六園 4



雪の 曹洞宗 大本山 永平寺と兼六園を訪ねて 

 〒910-1294 福井県吉田郡永平寺町志比5−15
TEL 0776(63)3102


2009年1月24日
名古屋高速5号万場線 黄金IC⇒都心環状線⇒名古屋高速6号清州線⇒清州JCT⇒名古屋高速6号一宮線⇒一宮IC⇒名神高速道路一宮⇒大垣⇒養老SA 待合せ トイレ⇒米原JCT⇒北陸自動車道⇒木之元⇒敦賀⇒杉津P(渋滞 料金の関係で100キロ調整下車した車と待ち合わせ)⇒武生⇒福井北IC⇒国道416号線⇒永平寺町  永平寺拝観

国道416号⇒北陸自動車道福井北IC⇒鯖江IC⇒国道8号⇒県道経由 くりや海岸⇒宿泊先 かれい埼荘 

2009年1月25日
かれい埼荘⇒県道経由⇒国道8号⇒北陸自動車道鯖江IC⇒福井⇒加賀⇒小松⇒金沢西IC⇒金沢市内⇒兼六園  園内散策  ⇒北陸自動車道金沢西IC⇒福井⇒鯖江⇒敦賀⇒木之元⇒米原JCT⇒名神高速道路大垣⇒一宮IC⇒名古屋高速6号一宮線⇒名古屋高速6号清州線⇒都心環状線名古屋高速5号万場線 黄金IC⇒友人宅⇒我が家

永平寺を出て朝来た道を福井北ICまで出て北陸自動車道で鯖江まで行き国道8号線を南下 くりや海岸はがけ崩れ 河野海岸は高波をかぶり通行止めになっているらしく県道を今日の宿泊先かれい埼荘まで下りてゆく

 途中道路公団の人が検問していた 行く先によっては遠回りして戴くことになるとのこと 行く先を告げこのままOKとのことで先に進む

日本海の高波   2009年1月24日   15寺30分   
かれい崎荘

低気圧の通過で御覧のような荒れ模様 宿泊先のかれい埼荘の少し先も時折道路までしぶきが飛んでくる大波でびっくりである

かれい崎荘


日本海の夕日
かれい崎荘
天然温泉(ここは離れに天然温泉の日帰りの施設も併設しているので入浴券をフロントでいただき何回でも利用できるようになている) をのんびりと戴く
部屋に戻りしばらくすると夕日が顔を出してきた なんとラッキーな・・・ 先ほどまで雲に覆われていたのに 写真でもわかると思うが太陽の上には厚い雲 今日は夕陽はだめだとあきらめていたのに 最高のショーをみることができた

女性陣も宿についてお茶しながらしゃべっていたが 露天風呂から夕日が望めるからとすすめる!・・・  しばらくするといい景色が見れたと喜んで帰ってきた


日本海の夕日と高波
かれい崎荘


かれい埼荘
かれい崎荘

国民宿舎 かれい崎荘 

〒916-0426 福井県丹生郡越前町米ノ66-93 TEL:0778-39-1211 FAX:0778-39-1212


かれい崎荘
夕食の蟹 タグの色が違う?・・・・ 新潟付近の蟹とのこと この大しけで入荷が遅れてしまったとのこと 


永平寺&兼六園
かにずくしの料理に全員満足


永平寺&兼六園
沢山の料理を食べ残している 刺身 蟹の刺身 焼き蟹 カレイの塩焼き 蟹の鍋 天ぷら もったいない みんな小食で残してしまっている以前の私ならみんな引き受けていただろうに!・・・ 

御馳走に満足して再び温泉をいただき就寝 たまには車中泊ばかりでなくこんな贅沢もいいな〜


永平寺&兼六園
朝食はあっさりと戴いた


2009年1月25日   9時15分
かれい崎荘
宿のすぐ横の国道の崖でも水仙がぎっしりと咲いていた この越前海岸はこのような水仙が有名で スイセン祭などのイベントも開催され県内外から沢山の人が訪れている


かれい崎荘


翌日になっても海は大荒れ状態
かれい崎荘


かれい崎荘

タイラー号のフロントガラス
かれい崎荘
完全に塩を吹いてしまって中が見えない状態 宿で水道をお借りして綺麗にしたのは言うまでもない

これから今日の予定の兼六園に向かう



雪の永平寺と兼六園 1    雪の永平寺と兼六園 2    雪の永平寺と兼六園 3    雪の永平寺と兼六園  4    雪の永平寺と兼六園 5    雪の永平寺と兼六園  6をご覧いただきありがとうございました





20:42 | 永平寺 & 兼六園 | - | - | - | - |

▲top