じいちゃんの車中泊日記

車中泊や釣りとか観光とか車の事とか・・・・。

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 雪の永平寺と兼六園 5 | TOP | 引っ越し >>

2009.02.11 Wednesday

雪の永平寺と兼六園 6



雪の 曹洞宗 大本山 永平寺と兼六園を訪ねて 


2009年1月24日
名古屋高速5号万場線 黄金IC⇒都心環状線⇒名古屋高速6号清州線⇒清州JCT⇒名古屋高速6号一宮線⇒一宮IC⇒名神高速道路一宮⇒大垣⇒養老SA 待合せ トイレ⇒米原JCT⇒北陸自動車道⇒木之元⇒敦賀⇒杉津P(渋滞 料金の関係で100キロ調整下車した車と待ち合わせ)⇒武生⇒福井北IC⇒国道416号線⇒永平寺町  永平寺拝観

国道416号⇒北陸自動車道福井北IC⇒鯖江IC⇒国道8号⇒県道経由 くりや海岸⇒宿泊先 かれい埼荘

2009年1月25日
かれい埼荘⇒県道経由⇒国道8号⇒北陸自動車道鯖江IC⇒福井⇒加賀⇒小松⇒金沢西IC⇒金沢市内⇒兼六園  園内散策  ⇒北陸自動車道金沢西IC⇒福井⇒鯖江⇒敦賀⇒木之元⇒米原JCT⇒名神高速道路大垣⇒一宮IC⇒名古屋高速6号一宮線⇒名古屋高速6号清州線⇒都心環状線名古屋高速5号万場線 黄金IC⇒友人宅⇒我が家



兼六園


兼六園


兼六園
雪の下には春を感じさせる花も咲き雪解けを待って いつでもいいよと準備ができている


兼六園


兼六園


兼六園


兼六園


兼六園


兼六園
大雪にも負けないように骨組もがっしりと組まれ

縄でびっしりと巻かれて雪をかぶっても折れないように何百年も前から こうして雪深い冬の対策を行ってきたのだろう 
兼六園


兼六園


絵にかいたような眺めではないですか?・・・
兼六園
雪つりと松の枝ぶりや植込みのバランスなど素人の私たちが見ても 唸ってしまうほど完璧な庭園ではないでしょうか


兼六園
素晴らしい庭園を散策させてもらい体も冷えて 手足も凍えてきたので今日はこの辺で帰ることに?・・・


兼六園
兼六園を後に駐車場へ向かう途中商店街で見つけた雪だるまたち???拳ほどの小さな雪だるま?だったが 帽子やマフラーをまとってかわいかったので一枚写してきた


昼食
兼六園
お昼がまだだったので 大通りの角の食堂に立ち寄り御食事タイム 看板にもあるように加賀野菜をふんだんに使った食事ができ 女性陣には喜んでいただけたみたいだ

お土産屋さんに立ち寄り 雪も降り寒さも増してきたのでこのあとの予定だった古い町並みの見学は中止となった  


兼六園
途中で道路淵の植え込みがこのようにつらら状態 近所の方が故意に水をかけて作りだしたものではないだろうか???

雪の中 金沢西ICから北陸自動車道をひた走り 米原JCT 一宮JCT 名古屋と楽しい二日間の旅を終え 友人と夕食を済ませ慣れ親しんだ我が家についたのは8時ごろだった




雪の永平寺と兼六園 1    雪の永平寺と兼六園 2    雪の永平寺と兼六園 3    雪の永平寺と兼六園  4    雪の永平寺と兼六園 5    雪の永平寺と兼六園  6をご覧いただきありがとうございました






17:43 | 永平寺 & 兼六園 | - | - | - | - |

▲top