じいちゃんの車中泊日記

車中泊や釣りとか観光とか車の事とか・・・・。

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

2008.10.30 Thursday

ワカサギ釣り

ワカサギ釣り

ワカサギ釣り
機械の組み付け 試運転の予定で3トンくらいのプレスの機械を移動していたが 数年前に分解した機械らしく部品の欠品で組み付けできず 予定が大幅に変更になった 明日の試運転ができなくなった 電気屋さんもキャンセルして部品待ちとなった


と言うわけで急きょワカサギが釣れ出したので行こうかと 店長からのTEL 10時頃よりあわてて道具の準備 忘れ物ないかな?・・・

22:30 | 釣り日記 | - | - | - | - |
2008.10.26 Sunday

常滑沖のアジ釣り


常滑沖のアジ・カワハギ釣り


大変です またまたやってしまいました30分の遅刻  

6時出港の予定だったので5時15分に 携帯の目ざましをセットして昨夜は寝たつもりが!   なんと後で気づいたら6時15分に目ざましセットしてあった

朝 5時15分に青山テルマの音楽で目が覚める トイレに行き 歯を磨いているとまた音楽今度はTEL チェリー号船頭さんからのモーニングコール 

「どこにおるの」!?    「家」・・・・「はよこや〜」!?・・・ なんかおかしい 初めて事態が読めた 寝過ごした〜

昨夜ある程度は準備していたのでクーラーに氷を詰め込んであわてて家を飛び出す   途中で携帯からベニーケイの音楽が流れる あれーと ここでどうなっていたのかわかった 目覚ましを6時15分にセットしていたようだ 

一回目の音楽も船頭さんのTELだったみたいだ 私は目ざましのつもりで女房殿が目が覚めるといけないと思いすぐに切ってしまった 船頭さんごめんなさい  この野郎切りやがったと思われたでしょうね!

船着き場に着いたらメンバー全員船に乗り込み餌も配当して出港するだけになっていた  冷た〜い視線を感じながらあわてて乗船 

一度だけならず 二度もやってしまった 船頭さんメンバーの皆さん申し訳ありません以後気をつけます





常滑沖のアジ釣り
忙しく魚群探知機を眺めながら操舵中のチェリー号船頭

久し振りのチェリー号でのアジ釣り 数日前から思いを膨らませ準備万端で臨んだ今日のアジ・カワハギ釣り 

現場に付き周りの船を見ても釣れて居ないような様子 しばらく糸を垂らすも全員坊主に近い状態 何回か魚探を見ながら移動を繰り返すも 魚の影は魚探にはっきり出るもののつれてくれない 

途中大きく動くも釣れづ 元の南ウイング横まで来る ぽつぽつ当たるのみ完全に見放されている

さらに動く今度は朝来た北ウイングまで戻る このときすでに2時になっていた ここでようやくお土産をゲットすることができた イワシが入れ食い状態で釣れてくれた
 


常滑沖のアジ釣り
忙しくイカリの点検に行くチェリー号船頭



常滑沖のアジ釣り
常滑 セントレアの北ウイングからフルスロットルで名古屋港帰港中のチェリー号



常滑沖のアジ釣り
今日の私の釣果  



アジ釣り
腕の差もあるのだろうが 仕掛けもかなり影響があるのではと思い竿がしらのメンバーさんの仕掛けをいただいてきた

私は尾鷲方面の筏でよく釣れる ピンクスキンの仕掛けを愛用しているが 釣れて来るのは一匹ずつで たまに三匹釣れただけだった 

この仕掛けの方などはほとんど三匹以上釣れている様だったので 「仕掛け何を使っているの」と聞いたら帰り際に一ついただいてしまった

とりあえずセントレアでの今日の釣果ではこの仕掛けに部があった様だ その方はおそらく 150匹位い釣って帰られたのでは? 







21:23 | 釣り日記 | - | - | - | - |
2008.10.24 Friday

チェリー号船頭さんからのコメント

チェリー号船頭さんから 先日の私のブログにさっそくコメントをいただきました


10月26日(日)チェリー号釣行予定。AM 6;00`出船!!。

常滑沖  セントレア付近のアジ、カワハギ狙いの仕掛け!!。

うーん(船頭・考え中)!!  (私の先日の貝を採ってからの意見と仕掛けについて)

一応、貽貝の採れる所、聞いておきました。(海況により実行)

今回もベストの五名釣行なので竿はアジ&カワハギ狙いで二本出したら?。

その時の状況で色々変わってくるけどアジが釣れている時は殆どアジばっかり。アジの群れが居なくなるとカワハギが釣れ出す、と云う感じです。

船頭の個人的考えではカワハギ狙いでやりたいんだけど         
メンバーはそこそこの釣果が欲しいようです。

だからまず、アジを釣ってからカワハギ狙いで頑張ろうかと思っています。

釣り場   常滑&野間沖、水深6〜15メートル前後の岩礁地帯。

釣り方   アンカーを打ってアミえびのコマセ サビキ仕掛けでの釣り!。 
対象魚   カワハギメインにアジ、キスの予定です。

○ 注意 今回の釣行は根掛りとフグが予想されるので多めの仕掛けを準備お願いします。


餌      石ゴカイ&アカシアえび(奥野さん提供)&アミえびのぶろっくをチェリー号で用意。
       撒き餌用のカゴは小&中を使用  地元のカワハギ狙いの釣り船はえび、アサリを使用していました。

仕掛け   キス仕掛け  (2〜3本針、針8〜10号位)   カワハギ 市販仕掛け

おもり     5号〜15号(流れによって)


早速の回答ありがとう有難うございました できたらフジツボ 貽貝の採取できればと思っています  あけみ貝を買ってきてもいいんですが3〜4000円にもなってしまうんですよね〜

なにぶんにも ぷー太郎の身 女房殿に食べさせていただいているので無駄遣いはできませんよろしく!?・・・







11:09 | 釣り日記 | - | - | - | - |
2008.10.23 Thursday

カワハギ仕掛け

カワハギ仕掛け

カワハギ仕掛け
今度の日曜日はチェリー号で常滑沖の アジ・カワハギ狙のボート釣りの予定なので 仕掛けを作ることにした

常滑沖 セントレア付近のアジカワハギ狙いの仕掛けを作っている 
網カゴの下にカワハギの仕掛けをつけてみようかと思っている
この場合一番下におもりをつけることになるので 
撒き餌かごの選択をしなくてはならない 
あるいは改造して作るしかない
針も細軸に2号の糸を結んで10本ほど作っておいた

アジを釣りながらカワハギも同時に狙えるなら 面白いかなーと今回試してみることにした
ただし竿の選択をどうするか迷うところだ アジ釣りだとやわらかめがいいだろうし  カワハギなら硬めの竿にと思っているので  全体の仕掛けを短めに作っていかなくてはならないだろう

とりあえず現場でいろいろ試してみることにしよう チェリー号船長さんごちゃごちゃするかもしれませんので よろしく


20:36 | 釣り日記 | - | - | - | - |
2008.10.22 Wednesday

貝採

貝採り

貝採り
今日は 貝採りを作ってみた 先週イ貝採りに船頭さんに借りた器具をつくてみた

百円ショップでステンレス製のヘラを買ってきた 
グリップをサンダーではずし
丸棒のセンターをのこで割り
ヘラを差し込み
きりで穴を二か所に開け
5ミリボルトで留めて出来上がり

今度のチェリー号のカワハギ釣り用のまき餌をどこかの船着き場で採集してから行くのもいいかな?

20:47 | 釣り日記 | - | - | - | - |
2008.10.20 Monday

尾鷲方面釣行記NO2


尾鷲方面釣行記NO2


尾鷲方面釣行記NO2
写真左 昨夜はあんなに土砂降りだったのに   写真右  一夜明けて今朝は雲ひとつない快晴

2008/10/18 5:15'起床 車のドアの開け閉めの音や人の話声で目が覚める シーズンとあってたくさんの人が来ているようだ 眠い目をこすりながら まず氷の買い出し300mほど先に氷の自動販売機が設置してあるので助かる

餌屋さんか コンビニで買うとワンブロック300円するが ここでは100円でちょうど20ℓも買えてしまう 2コイン分の氷をクーラーとバケツに入れ カセ渡しの準備 15人ほどいただろうか? 

一回で乗れず次の便で渡ることに 次と言っても船がスタートしてから5分ほどで着いてしまうのですぐに迎えが来る



尾鷲方面釣行記NO2
2番加瀬につきさっそく準備 まず船頭さんに借りたイ貝採りで巻き餌用のイ貝を大量に採取 潰してリンゴほどの団子に包み海中に5個ほど投入 カワハギさんたちにたくさん集まっていただく

準備をしていると子魚のおこぼれをいただこうと鳥が近くで様子をうかがっている この鳥 釣りあげた毒魚ごんずいを喜んで捕食していた 人間はあんなに猛毒に悩まされるのに 食道や胃袋を刺されてしまわないのだろうか?


尾鷲方面釣行記NO2
採取したイ貝左と   団子用の巻き餌



尾鷲方面釣行記NO2
真剣に今日の渋いあたりをうかがっている店長
本当に今日はあたりが分からない カワハギさんはたくさん寄って来ている様なのだが活性が低く 餌を落としこみ おもりが底につき 糸ふけを取り3秒待って巻き上げるともう餌はない始末

私はそのままの落とし込みなのでそこに着くなりしゃくりながら上手に食わせてやらないと全く釣れない  かご仕掛けのさびきのほうのロッドも鯛類が寄ってきていないらしく(寄ってはいるのかも)さっぱり釣れない

 

尾鷲方面釣行記NO2
昨日土砂降りの中焚いておいたアジご飯のカマ飯 アジは店長のアオリイカ用に釣っていたのを6匹程3枚におろして30分ほど海水につけておいたのだ 味付けは醤油 塩を適当に入れてろうそくに火をつけ20分ほど置いておくと勝手にできているので重宝している  



尾鷲方面釣行記NO2
カワハギをぽつぽつ釣りながら こんな大きなふぐちゃんも掛かってくる


尾鷲方面釣行記NO2
養殖筏 釣り用筏やカセが多くある湾内の奥まった所にも関わらず 岸のほうで15メートルから30メートルくらいの水深があり魚の宝庫なのだが???

無理無理食わせて形は小さいがなんとか今回の本命をお土産にできたのでよしとしよう  他の魚がほとんどいなかったので数釣りにならない結果となてしまった


尾鷲方面釣行記NO2
4時半終了むかえの渡船が来る  このまま帰ることに 店長が夜半より姫路のほうまで行くとのことなので (バモスのお披露目のオフ会らしい) 名古屋に直行   



尾鷲方面釣行記NO2
数も形も少ない釣行に満足出来ず リベンジをいつにするか検討中である





 


20:25 | 釣り日記 | - | - | - | - |
2008.10.19 Sunday

尾鷲方面釣行記

尾鷲方面釣行記

2008/10/16
尾鷲方面釣行記
御休みをいただいて 尾鷲方面に堤防釣りに出かけた 名古屋を出てまずどこに行くかの打ち合わせ 

取り合えず鳥羽方面に向かう 国崎のアジが大きくなって釣れているころだろうからと 
伊勢湾岸道⇒東名阪⇒伊勢道⇒鳥羽⇒国崎漁港とタイラー号に頑張って走ってもらう 途中鳥羽方面に来た時による餌屋さんで餌を買い込み写真の国崎漁港に到着 

尾鷲方面釣行記
普通の日なのに堤防では 赤・白灯台の両方で12人ほどの釣り客釣れますかと声をかけ隣に入らせてもらう 少し前はつれていたみたいだが今日はだめだそうだ



尾鷲方面釣行記
仕掛け作りの最中の店長

二名ほど向こうにいつも見るおじさんが陣取っていた 遠目に挨拶のみかわし釣り開始 1時間ほどしても一向にアタリなし今日はアジも寄ってきていないと早めに判断して納竿



尾鷲方面釣行記
釣り終了のころ ちょうどサンセット真っ最中 西の山に消えるおひさまもさびしげにこちらを見ていた かわいそうなタイラー君たちと言いたげに!???

国崎を後に尾鷲までの長い旅が始まる 
 国崎(パールロード)⇒相差町⇒磯部町⇒高塚⇒神津佐⇒度会郡南伊勢町五カ所浦⇒船越 (R260)⇒泊問浦⇒相賀浦⇒大江⇒度会郡南伊勢町贄浦 (吉津港)⇒古和浦⇒錦⇒紀伊長島町 (R42)⇒古里⇒みのせ⇒海山⇒相賀⇒引本漁港 までの2時間半のドライブ


尾鷲方面釣行記
途中 度会郡南伊勢町贄浦 (吉津港)に途中下車ならぬ途中漁港 ここは筏釣りに来るところなのだ 

来るたびにアオリイカの釣り人がいるので 今回漁港を覗いてみたらアジの回遊が見られたのでアジを釣り 店長がアオリイカを狙う寸法だ

私は12センチほどのアオリイカの餌には持って来いのサイズのアジを釣ってバケツに入れたり 写真を写したりして時間を潰していた

店長3回ほどかけるもヤエンを入れる段階で根がかりや餌のみ噛み跡が残って上がってきたり 結局ボーズで贄浦 (吉津港)を後にして今夜の車中泊先の引本漁港にタイラー号を走らせる 

時間はもう2時頃になっていただろうか引本漁港につき荷物を外に出し 明日の朝からカワハギ狙いのための場所取りに道具を 店長が運びこんで堤防に並べる 準備万端作業終了 タイラー君を敷きぱなしなのですぐに就寝 



尾鷲方面釣行記
20081/10/17  AM7:59′ 熟睡しきってゆっくり起床 写真をまず一枚
何時もの引本漁港の国道沿いの餌屋さんのすぐ下に駐車中のタイラー号



尾鷲方面釣行記
20081/10/17 朝7時40分完全に寝過ごし 最も時間は決まっていないので良いのだが・・・  写真は堤防の全景

堤防に行くと10人ほどの釣り客ベストシーズンに入ったのだろうか こんなににぎわっているとは思わなかった このあとすぐに原因がわかった 

松坂より来たという三人組の初老の釣り客の話では 10月の初めに40僂曚匹了がこの堤防から上がりかなりのにぎわいを見せていたとの情報でやってきたらしい

サバはいつも夏ごろなのだが最近の水温のせいでおかしくなってしまっているようだ このあたりの情報が入ってこないので いい時期に釣行出来ないのが残念である



尾鷲方面釣行記
先にカワハギ釣りを開始していた店長 その向こうは大阪よりご夫婦で来たという釣り人 グレの吸い込みハリでコッパグレを次々とあげていた

我々はあくまでもカワハギにこだわって頑張ってみた  カワハギ独特の餌取り名人の技 餌がなくならないということは確実にカワハギの魚形がないと言うことだろう 

 店長もあまりに釣れないのでブログをアップしてくると言って車に行ったきり来なくなったので見に行くと就寝中 

午後よりパラパラ降り出した雨も手伝って しばらくは傘をさして頑張っていたが納竿することに 天気予報では雨10パーセントとほとんど降らない模様だったのだが 

とりあえず尾鷲の街に向けて走る頃は本降りとなってきていた 

続く

    


 

18:26 | 釣り日記 | - | - | - | - |
2008.10.18 Saturday

三木浦かせ釣り

三木浦かせ釣り

三木浦かせ釣り
2008/10/18 昨夜の雨がうそのようにからりと晴れて暑くなりそうな天気に!・・・

タイラー号と快晴となった 三木浦魚港の夜明け

今日のカセ釣りも急遽昨夜TELして空いていたので予約して尾鷲の街で餌の買い出しをして 三木浦の漁港で車中泊していた

今日の釣果などは明日のブログでまとめます 疲れたので風呂に入り休みます おやすみなさい 



 

22:53 | 釣り日記 | - | - | - | - |
2008.10.16 Thursday

福井3日目の朝

2008/10/13 タイラー君の釣り日記 福井3日目の朝

敦賀新港の朝
hukui
昨夜越前からバックしてきて 敦賀新港で車中泊 夜も人出は多かったのだが  一夜明けて堤防上はご覧のような有様 隙間なしの状態 

5時起床先端付近まで出かけてジグを引くもさっぱり釣れず エギを引いても釣れない 今日も魚の活性が悪いみたいだ いつもこの時間帯だとたいていの人が何本か釣りあげているのだが 今日は全く見かけない

30分であきらめてぶらぶらと堤防の視察をしながら駐車場に帰ってきた ほとんどの釣り客がボーズ状態 小アジも釣れていなさそうだ 

しばらく遊び旧港に行ってみることに やはりだめである岐阜から来ていた釣り人がサヨリ狙いで釣っていたが 寄っては来る物の掛かり浅く落としたり すぐに放してしまうようだ

二時間もやっているのに5〜6匹しか連れないとぼやいていた 朝早いせいもあると思うサヨリはもっと遅いほうがいいのでは 


hukui
ここでも鳥と遊んでみた 今度はカモメが飛んでいた



hukui



hukui
裏の港に回り込んでみても相変わらず人は多い 魚はアジも釣れていないとのこと ゼンメとコノシロが数匹上がっていたようだ 
 これだけ ここ3日間の様子を見てみると魚の活性が全くと言っていいほどないのだろう 

ここでも岐阜から来たという 軽自動車の老夫婦と話していたが福井のほうからずっと下がってきたが 向こうのほうが少しましだったかなと言っておられた よく御二人で釣りに出かけられるらしい 

その隣で同じくらいの年齢の京都から来ていた夫婦を交えて1時間ほど情報交換しながら時間を潰していた

今回の釣行記は餌も買わず 竿も出さずのんびりと潮風に浸って帰ってきただけっだった 2泊3日もいて小魚1匹のお土産もなしの釣行は釣りを始めて初めての経験ではないだろうか???

13日の昼過ぎには家にいて 車のかたずけで1時間半ほど費やし あとはのんびりと休日を楽しんでいた





 

00:50 | 釣り日記 | - | - | - | - |
2008.10.15 Wednesday

小浜港二日目

小浜二日目

2008/10/12 6時ごろ起床周りを見渡すとかなりの車 昨夜買ってあったパンを食べながら堤防を偵察するが 思った通りあまり釣れていない様子 

今日は私は仕事のため 釣りはお預けでここから10分くらい走った山手のほうに出勤しなくてはならない

反対側の堤防のほうも覗きに行ってみると写真の鷲・鷹・サシバ・などの猛禽類    鳶がちかくの鉄塔に20〜30羽位の集団で止まっていたので 出勤前にちょっと遊んでから行くことにした

朝食のパンが残っていたので 少しづつちぎって投げてやると思惑どうりやってきた・・・少し近すぎて怖い気もするが 羽音が聞こえて迫力満点で朝の眠気も飛んでしまった

鳶(とび)と書いたがタカ目 タカ科の鳥 鳶(とび)だと思うが 違ったらごめんなさい!?・・・

タイラー号と鳶の乱舞   
小浜二日目
連写写真ではありません 鳶たちがタイラー号に歓迎の朝の挨拶に来てくれたのです


小浜二日目
高い所から様子をうかがっていた鳥たちも 一気に急降下してきて御覧の様なにぎわい



小浜二日目
””カーマットレスでおなじみ タイラー君ショップの 車中泊用品を今後ともよろしくお願い申しあげます”” と大きく羽を広げて宣伝していてくれているような写真が撮れました



小浜二日目
われさきに食事にあり付こうと競い合っている様子がわかる


小浜二日目



小浜二日目
早いもん勝ちでとられて悔しいのだろうか 喧嘩しているのもいた 


小浜二日目
耳元を掠めていく羽音が迫力ある


小浜二日目
投げた餌のパンにめがけて 三方向うから一斉に飛んできてあわやニアミス 急ブレーキで難を逃れる




本職のお仕事

仕事前の朝の鳶(とび)たちのカッコいい乱舞を写真に収めて気分よくお仕事に向かったタイラー号だったが???

先方さんの都合で機械の据え付け場所が大幅にずれていて 用意した部品では用をたさず 現場で突貫工事となってしまった 2時ごろ終わる予定だったが 残業となってしまった よくあることなので仕方ないか!・・



仕事も無事終了 夕方から商社も2名手伝ってくれたので7時過ぎには終了することができた 今回タイラー君ショップの店長家族とタイラー君を買っていただいたお客さん家族と
 
和歌山県西牟婁郡白浜町のアドベンチャーワールドに行っていたので お手伝いしていただけなかった



時間も7時半になっていたので 小浜も釣れそうにないため そのまま越前に移動することにした 食事も心配だが温泉にも入りたいので 本の漁火温泉まで走ることにした

約1時間半のドライブようやく温泉に着いた 以前はなかった甲楽城にできていた  

南越前町シーサイド温泉 ゆうばえ
〒915-1113 福井県南越前町甲楽城7-31-1
TEL 0778−48−2388

ここで温泉をいただくことにした 小じんまりした温泉だがここも夕陽の時間帯はいいかも?

食事が5時半で終了とかで急いで温泉を出る ここら辺は早く食堂がしまってしまうので大急ぎで 越前方面に向けてタイラー号を走らせる おなかはぺこぺこである

途中民宿とお食事の看板 電気もついていたので飛び込む何とかOK 海鮮どんぶりがいただきたかったのだが 御刺身定食しかできないとのことでそれをいただく

御刺身のボリュームが多かったがおなかがすいていたので ぺろりと平らげ店を出る そのままもう少し進み 越前漁港まで行き順に下がってくることにした

大きい港に大勢の人でにぎわっている 大阪・京都・奈良・名古屋・三河・三重ナンバーのさまざまな車で埋め尽くされている  

中には魚釣りではなく岐阜から来たという60才くらいの人などはタモをもって岸壁を行ったり来たりしていたので ワタリ蟹とりですかと尋ねると バケツを見せてくれた6〜7センチほどのサザエが20個ほど獲れていた 

魚はな〜んにも釣れんで こっちのほうがええーわーとタモを操っていた

越前漁港→白浜漁港→米の浦漁港→茂原漁港→玉川漁港→左右漁港→糠漁港→河野漁港→甲楽城漁港と 大きい港小さな港堤防という堤防はどこも釣り客でにぎわっている

やはりどこも釣れている様子はない 小さなアジが釣れているくらいで結局アオリイカは見づじまいだった これでは竿を出す気分にもなれず明日のために 敦賀新港に向かうことにした


2008/10/12 24:30
二日目の車中泊 敦賀新港の駐車場 


 











18:42 | 釣り日記 | - | - | - | - |

▲top